白髪染めのトラブル

思った色に染まらない



白髪染めのカラーリング成分やトリートメント効果としてのヘアケアの部分では、きっと僅かずつでも機能は向上しています。
でもセルフケア用のカラーリングの手順は、あまり進化してないかもしれませんね!
1液と2液を混ぜ合わせることで化学反応を起こさせることが必要となり、その調合法は相変わらずになります。
そのなかでも白髪染めの変化と明確に伝わるのは、泡タイプのカラーリング剤の登場でしょうか?
色ムラのない染め上がりという点では泡タイプを使用すれば、かなり改善できたという意見が聞かれます。
それから白髪染めでもカラーバリエーションが豊富になり、オシャレ感覚で白髪染めを選べるようになったほど!
ずっと昔は白髪染めをしたのがハッキリとわかる色調が多く、白髪染めといえば色は選べるほどなかったと聞きます。
しかし今は黒に白髪を染めたがるのは、かなり年齢が高めになるのでは?
どちらかというと明るめに染めたり、いわゆる茶髪にならない程度の印象に抑えられたブラウン系など、多彩に白髪染めも選ぶことができますから。

そしてセルフケアで始めると、誰もが一度は白髪染めトラブルとして感じることがあります。
初めての製品を選ぶ際、染め上がりがイメージと違うこと!
一説によるとサンプルより、だいたい2つくらいは暗いトーンに染め上がるのが一般的だとか。
それとも思ったより明るくなってしまい軽い印象に感じたりと、この色調も雰囲気をかなり変えてしまいますからね~
だから自分に似合う色調を見つけられると、少しの変化で容貌や印象にまで影響する心配があるかもしれません。
例えば、ご近所の奥さんで美人と評判だったのに髪のトーンが暗くなったら、なんとなく以前ほどの美貌に感じなくなったという事態も!
もちろん反対に頭髪の色合いを少し変えただけなのに、こんなにキレイな顔立ちだっけ?というケースもあるくらいですから。
そうなれば誰しも後者の白髪染め効果を期待するわけですが、しかし前者のように髪の色のトーンが変わっただけで、見栄えが良くないということは多々あり得るわけです!

もしも同じ白髪染めの商品を使い続けるのに違いが現れるとすれば、当事者としては白髪染めトラブルとして大問題です!
その場合の原因は白髪染めの方なのか、それとも髪質の変化なのか、どちらも考えられますよね。
ひょっとしたら1トーン変えた白髪染めを選べば馴染む場合もあるので、これは白髪染めトラブルを感じた場合にお試しください。
それともサンプルに色を近づけたいなら、もう少しだけ放置時間を長めにしてみるだけでも染め上がりが違う場合はありますよ。
また放置時間にサランラップで巻いてみるというのも染料が浸透しやすくなり、染め上がりに変化が現れるかもしれません。
いずれも白髪染めトラブルの解消にならない場合は、やっぱり思い切って白髪染めの商品を変更するのが一番かも。
もしくは久々に美容院で白髪染めをしてみるというのも、まったく気分が違って効果的かもしれませんね。
スキンケア商品やシャンプーなども、時々変化を楽しむのは効果的という美容情報があるくらいです。
同じように白髪染めをたまに変えてみれば髪質や、もちろん気分転換としても期待できそうですね!

白髪染め気になる疑問あれこれ